ダイナミックマッハ 効果

ペニスを大きくするための方法をご紹介。ペニスの大きさは遺伝的な影響が大きいですが、後天的なトレーニングで大きくすることができます。このページで学び、少しでも大きくしていきましょう。

ペニスを大きくするための方法をご紹介。ペニスの大きさは遺伝的な影響が大きいですが、後天的なトレーニングで大きくすることができます。このページで学び、少しでも大きくしていきましょう。

食生活を見直しましょう

男にとってペニスの大きさはプライドの大きさよりも気になるもの。ですが、ペニスの大きさのような身体的特徴は遺伝的な影響が大きく、自分でどうにかできるというものではありません。ですが諦めてはいけません。後天的トレーニングでもある程度は大きくすることができるのです。

ある程度ペニスを大きくすることもできるといっても倍ほども大きくすることはできません。ですが、毎日努力していれば数センチはなんとかなるもの。その前に、まずは栄養面を見直し、食生活を正していきましょう。

なぜ食生活を見直す必要があるのか?それは、ペニスえ流れ込む血液の質を良くするため。また、栄養成分がペニスを巡りやすくするためです。血液循環が良くなると、海綿体の細かなところまで栄養分を送り届けることができるようになります。

食事メニューを正したあとはサプリメントでいいので、亜鉛アルギニンといった成分をからだの中へ取り入れるようにしてください。また、ビタミン類ミネラル類もバランスよく摂取するのがコツ。ここまでやってはじめてペニスマッサージのトレーニングに入れます。

ペニスを長くするトレーニング

まずはペニスを長くするトレーニングをしていきましょう。ペニスを長くするトレーニングでは血液循環を良くしていくマッサージを行います。勃起していない状態で根本を握り、先へ向けて血液を絞り出すようにマッサージを行います。それほど強く握る必要はありませんが、親指と人差指で強めに握り、亀頭へ向けて血液を送り出すように、絞り出すようにしてみてください。

勃起していない状態で行うマッサージは長くする場合で、ペニスを太くする場合はペニスが勃起した状態でしていきます。時間としては10分くらい。長くするマッサージと太くするマッサージとを5分ずつ行うようにするといいでしょう。海綿体の中に血液を充血させることで全体的に大きくしていくことが可能になります。

次にペニスを大きくするマッサージをご紹介します。
 

ペニスを大きくするためのマッサージ

次にペニスを太く大きくする方法ですが、大きく分けて2つの方法があります。その内の一つ目の方法がペニスを反らせるというもの。ちょうど棒高跳びのように、手に持ったバーを曲げるような感覚です。勃起したペニスを根本で抑え、先端を指で抑えて下へと押し出すようにします。

この反らせる方法を勃起した状態で行うとペニス内の圧力が高くなり、海綿体の血液確保量を多くすることができます。この圧力を高める方法を何度も行っていくことで平常時のペニスの大きさも大きくなっていきます。あまり反りすぎないように注意してくださいね。

もう一つの方法は単純で、ただ勃起と収縮を繰り返すだけ。ペニスを反らせる方法では無理やり圧力を高めましたが、こちらは自然膨張を繰り返して圧力をかけていくのです。心がけてほしいのは射精しない溜まった状態で勃起させるということ。精液の量でも勃起力は変わってきますので、溜まった状態で行うことが重要なのです。

2つ目の方法では勃起した状態をできるだけ長く保つことです。この時間を長くすることで早漏対策にもなりますし、マッサージの効果をさらに高めることができます。

ダイナミックマッハ 効果 © 2018